斑鳩の風景




撮影スポット詳細

斑鳩町三井周辺

斑鳩町三井。
「斑鳩三塔」の一つとされる塔を有する法輪寺が。
7世紀末に建立されたと言われる三重塔は、1944年、雷火で焼失。作家の幸田文らの尽力で寄金を集め、1975年に西岡常一棟梁により再建されたもの。
良く晴れた日には空の色に朱塗りの塔が良く映える。

また、この三井の集落に入って行くと、土塀や板壁の大きな民家に挟まれた路地を抜け、「赤染の井」とも呼ばれる井戸が。

この地名も聖徳太子が我が子の産湯のために三つの井戸を掘ったことからついたと言われています。

住所:
奈良県生駒郡斑鳩町三井
交通:
JR大和路線 法隆寺駅下車。
奈良交通バス「法起寺前」より徒歩5分。

フォトギャラリー